水とお茶、健康に良いのはどちらか

水をたくさん飲むことが健康に良いことはよく知られていますが、食事の際はお茶を飲んでいるという人が多いのではないでしょうか。健康に良いのはどちらなのでしょうか。お茶にはさまざまな成分が含まれているため、消化しづらく体に負担がかかってしまいます。お茶の中にはカフェインを含むものが多く、摂りすぎると体に悪い影響が出るおそれがあります。

カフェインには利尿作用があり、体内にたまった余分な老廃物を体外へ出す働きを促進させるので、水分不足を起こすこともあります。適量を摂れば老廃物を体外に出し、むくみの解消にも役立ちますが、摂りすぎには注意が必要です。また、カフェインは脳神経に働きかけるので、適量であれば眠気覚ましやリフレッシュにもなりますが、飲みすぎると睡眠が妨げられ、睡眠障害を起こすこともあります。さらに、胃酸の分泌を促進させる作用があるので、飲みすぎると胃液の出過ぎで、胃痛や胸焼けなど胃が荒れる原因になることもあります。

このようにお茶は飲みすぎると、体にさまざまな悪影響を及ぼします。お茶がダメならジュースはどうかというと、糖分が含まれているのでさらに悪い結果に。水であれば、体に負担をかけずに水分補給ができるので、健康のためにはお茶やジュースではなく水を飲むようにしましょう。1日2リットル飲むと良いと言われていますが、この説に医学的根拠はありません。

飲みすぎも良くないので、無理に大量に飲むのではなく、のどが渇いたと感じた時にこまめに摂ることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *