コストから考える浄水器の選び方

浄水器の選び方のポイントとして、本体の見た目、使いやすさ、取り付ける場所、浄水の性能などさまざまなものが上げられますが、コストを重視する選び方をする人も少なくありません。

浄水器にかかるコストを正確に比較するためには、購入する時の本体の費用だけではなく、長く使用していく中でのランニングコストのことも念頭において検討することも大切です。仮に本体の費用だけを考える場合は、一番お手頃なのはポット型タイプのものです。イオン交換樹脂によって不純物を取り除くことができるしくみになっていて、持ち運びもできる手軽さでも人気です。

また、取り付けるタイプのものでは、蛇口直結型タイプや水栓一体型タイプは価格が比較的お手頃で購入しやすくなっています。しかし、ランニングコストを考慮するならば、カートリッジの値段や交換頻度を調べておく必要があります。本体が安いポット型タイプや蛇口直結型タイプはカートリッジの交換は頻繁になるので、想定していたよりもコストがかかると感じることもあります。

逆にカートリッジの寿命が長いものとしては、アンダーシンク型タイプ、サーバー型タイプ、据え置き型タイプなどの浄水器があり、本体価格は高くなるものの、ランニングコストは低くおさえることが可能です。浄水器を購入することだけではなく、取り付けたその先も見据えた選び方をすることで、コスト面でも十分に満足できる最適な浄水器との出会いにつながるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *