浄水器の選び方はライフスタイルを考えて

食の安全を考える上でも、清潔で質の良い水が使える浄水器は備えておきたい設備です。

近年では、オフィス向けの業務用のものばかりでなく一般家庭向けのものも開発されて比較的購入しやすくなりました。手軽に導入できるようになった分、選び方を間違えずに購入したいものです。どのような種類の水が出せるのかというのは、選び方を考える際に最初に確認したい点です。水酸化物イオンや水素を多く含み胃腸をケアする効果のあるアルカリイオン水、酸素や水素イオンが多くて洗顔や食器洗いに適している酸性水、浄水する際にカルシウム等を加えたミネラル水などが浄水器で得られる水の代表例です。

自分が使いたい種類の水に対応している機種を確かめて選びましょう。次に気をつけたいのが、浄水器の設置の方法やタイプです。比較的ポピュラーなのが、蛇口に直接取り付ける蛇口直結型です。設置も簡単で省スペースなのが魅力ですが、カートリッジが小さく交換頻度が高いのが短所です。台所に設置スペースを設けて本体を取り付けるのが据置型で、スペースはとりますがフィルターが大型で高性能というメリットがあります。

この他にも、ポット・ピッチャー型などポットと一体になっていて簡単に飲料用の浄水を作れるタイプもあります。浄水器の選び方としては、これらの点に着目して自分の生活に合ったタイプを選ぶことが大切です。一人暮らしで少量の飲み水で十分なら、アルカリイオン水の出せる省スペースタイプのものが良いでしょう。反対に、本格的に自宅で料理をするなら据置型の高性能なものが良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *