浄水器の選び方のポイント

浄水器の選び方にはいろいろありますが、除去したい物質によってフィルターを選ぶという方法もあります。

フィルターというのは水道水から不純物を除去するためのものであり、水質を左右すると考えることもできます。浄水器の中では活性炭が最もよく使われるフィルターです。こちらは多数の細かい穴が開いており、水道水に含まれるカルキ臭やカビ臭などを吸着して除去することができます。導入する際には安くて済みますが、短期間で交換が必要となるため、長く使用するとコストがかかってしまうかもしれません。ろ過膜式のフィルターも浄水器の主流です。

これは活性炭と化学繊維のフィルターを組み合わせたものであり、二重のろ過によって綺麗な水を作ることができます。化学繊維が水道水の中の粒子を除去して活性炭が有害物質を取り除くことができるため、活性炭だけのフィルターよりも効果が高いことが特徴です。しっかりと浄水できることはもちろん、ミネラルを残せることもポイントです。逆浸透膜式はさらに小さな穴があり、水しか通さないことが特徴です。

有害物質をかなり細かく除去することができますし、放射性物質なども除去できると言われています。しかし、ミネラルまで除去してしまうのでその点には注意が必要です。ろ過した水質も選び方のポイントとなります。浄水器を通した水はどれも同じではありませんし、タイプによって得られる水質は異なっています。アルカリイオン水や水素水、ミネラル水などさまざまな種類があります。ランニングコストをチェックすることも選び方のポイントです。浄水器のカートリッジにはそれぞれ寿命が決まっています。きちんと交換しないと逆に不衛生になってしまうこともあるため、カートリッジの寿命については事前に確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *