浄水器の導入と選び方のポイント

水道水や井戸水に含まれている余分な物質を除去することで、よりおいしい水を自宅で気軽に使うことが出来るようになるとして利用されることが多いのが浄水器です。

様々な種類のものが売られていますが、その選び方のポイントとなるものの1つがどのような方法でろ過をしているかでしょう。一般的な浄水器のろ過装置には、繊維や活性炭、膜といったものが使われています。これらのフィルターを利用して水道水や井戸水に含まれている不純物を除去する仕組みです。活性炭はよくフィルターに使われていることが多いものですが、選び方のポイントには他のフィルターとの組み合わせが挙げられます。

活性炭は沢山の細かい穴が開いた炭素で出来ている物質で、細かな穴に不純物を吸着させて除去する効果があります。しかし活性炭のみのフィルターの場合には、頻繁にフィルター交換が必要となるのが特徴です。そのため中空糸膜と組み合わせているものを選ぶほうがよいでしょう。活性炭だけでなく化学繊維を組み合わせているタイプで、現在流通している浄水器の中でもポピュラーな製品です。

選び方のポイントには設置方法のタイプも欠かせません。使用する場所や使用頻度に合ったものを選ぶことで、より便利に浄水器を活用することができるからです。最近では蛇口に直結型させるものや、シンクの横に設置して使うもの、ポット型のものも売られています。これらは比較的手軽に導入できるタイプであるため、主流となっている製品です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *