浄水器の選び方の一例

様々な種類のものが売られている浄水器の選び方の1つには、もともとの水道水からどのような物質を取り除きたいために導入するのかを考えて選ぶということが挙げられます。

古くなった水道管の赤さびが気になるために使用したい、残留塩素を除去したいなどそれぞれの人によって使用する目的には違いがあるものです。活性炭やろ過膜、逆浸透膜など使われているフィルターは製品によって違いがあり、純水を作りたい場合には、逆浸透膜式のものを選ぶ必要があります。このように使われているフィルターによって選ぶというのも、浄水器の選び方の1つです。

また使われているフィルターの交換頻度やメンテナンスの仕方によって決めるというのも、浄水器の選び方の1つです。例えば蛇口直結型と呼ばれているタイプや、ポット型のものは本体は比較的安いですが、カートリッジを頻繁に交換しなくてはならない傾向があります。一方本体が高めの据え置き型は、比較的カートリッジは長持ちするのが特徴です。

長く使用し続けることを考えているのなら、本体は高くてもフィルターの交換頻度が少ない物の方が楽かもしれません。さらに使用する目的や置き場所のスペースから、適したものを決めるのも浄水器の選び方の1つに挙げられます。例えば、一人暮らしでコーヒーやお茶などの飲み物に使用するだけならポット型が手軽です。しかし大人数家族で、料理にも使用したい場合なら据え置き型の方が便利でしょう。また据え置き型は場所を取りますが、蛇口取り付け型なら小さいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *