浄水器を一人暮らしで使うメリット

飲みやすく安心して使える水を確保するのに、浄水器は便利です。

特に一人暮らしでは重いペットボトルを購入して運ぶ手間や買い忘れの心配をなくせますし、アパートなどの古い賃貸の劣化した設備で水に不純物が混入する不安を解消できます。また、本体と交換するカートリッジのランニングコストの他は水道代だけで済むので総合的に考えると経済的です。ペットボトルの水を料理に使うのは少しもったいない気もしますが、元が水道水なら手軽に使えるというメリットもあります。浄水器は種類によってもメリットが変わります。

蛇口直結型は比較的安価なものが多く、サイズがコンパクトで狭いキッチンでも邪魔になりにくく、蛇口の形状によっては取り付けられませんが、対応していれば取り付けと取り外しが簡単にできるので賃貸の一人暮らしでも使いやすい種類です。ポット型はリーズナブルで簡単に使えますし、そのまま冷蔵庫に入れて冷やすこともできるので、一人暮らしで料理はあまりしないけれど飲み水は作っておきたいという人に向いています。

たっぷり水が使える浄水器が欲しいという場合には、少し高価なものが多いですが据え置き型も向いています。本体が大きいのでろ過能力が高くカートリッジの寿命も長いのが特徴で、飲み水だけでなく料理にも不便無く水を使えます。シンクの横や壁に設置するためのスペースが必要なので、導入したい場合には置き場所や邪魔にならないかの確認が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *