お風呂にも浄水器をオススメする理由

飲み水や調理用に、キッチンに浄水器を設置する方は多いでしょう。

キッチンには浄水器を設置しても、お風呂には設置していないケースが多いですが、実はお風呂にも設置するメリットがたくさんあるのです。まず一つ目のメリットは残留塩素の除去です。水道水の最近繁殖を防ぐためにも衛生上必要な残留塩素ですが、酸化作用があるため、髪が傷んでしまったり、肌のバリア機能が低下してしまったり、角質層の水分不足を引き起こすためドライスキンになってしまったりと個人差があるとはいえ様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

また、原水に含まれるアンモニアやその他の有機物と残留塩素が反応することで発生するカルキ臭についても、浄水器を使用することで改善が期待できます。入浴の際には臭いのないきれいな水で洗いたいですよね。もう一つ、電気温水器を利用している場合はタンク内の汚れなどを除去できるのも大きなメリットと言えます。ご存知の通り、電気温水器はタンクにためた水を温めて給湯する方式です。電気代の安い時間帯にお湯を沸かしておくため経済的なメリットがありますが、タンクの中に常に水が貯まっているという所に注目してください。

タンクの中のお湯を毎日すべて使いきるという家庭はほとんどないでしょう。むしろ、そうならないようにタンクの水量設定を多めに変更することも可能なくらいです。そして翌日、使い切らずに残ったお湯に新たに水を足してまたお湯を沸かすのです。説明書にも定期的にタンクの水を減らして掃除をするようにと注意書きがありますが、簡単にできる作業ではありませんし、実際にそういった手入れをされている方は少ないのではないでしょうか?だからこそお風呂にも浄水器を設置して、安心できるきれいな水で入浴できるようにしてみませんか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *