浄水器を風呂に設置してバスタイムを楽しく

バスタイムは身体を綺麗にするだけでなく、癒しを得るという目的があります。

仕事や家事で疲れた身体を癒せば、ストレスも解消して活力が湧いてくるでしょう。毎日のバスタイムを充実させるためにも、浄水器を風呂に導入する対策がおすすめです。飲み水を浄水するのはわかるけど、浄水器を風呂に設置しても無意味と考える方がいますが、水はあらゆるところに作用しているのです。飲み水が身体の細胞に作用するのはよく知られていますが、これはシャワーを浴びた場合にも言えます。

優しいお湯に変えることにより、皮膚にかかるストレスを軽減できるのです。アレルギーやアトピー体質などで肌が弱っている方ならば、浄水器を風呂につけるメリットは大きいです。シャワーを身体にあてるときは、デリケートな部位も洗うでしょう。粘膜は特に敏感になっていますので、水質のよいお湯で洗浄する必要があります。洗髪をするときは少なからず目にもお湯が入るでしょう。

プールで泳いだ後は目がしみるという方がいますが、これは塩素による作用によるものです。浄水器を風呂につけることにより、塩素のダメージを軽減できます。これは粘膜にお湯が接触したときに、ひときわよく実感できるでしょう。実際に浄水器を風呂に取り付けしたら、バスタイム時のリラックス作用が増したという話が聞かれています。ストレスを解消していくことは、全身の健康を増進します。水質が変わるだけで人々の生活も変わっていくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *