お風呂に浄水器を付けるメリットとは

日本ではすぐに飲める状態にまで浄化された水道水が供給されていますが、貯水タンクを利用している集合住宅があったり、清潔さを維持してくれる塩素のカルキ臭が気になる場合もあります。

こうした場合、より安全性が高くておいしい飲用水のために、ウォーターサーバーを設置したり浄水ポットを利用している方も多いでしょうし、費用対効果やメンテナンスの手間を考え、主に台所の蛇口に浄水器を設置する方も少なくありません。しかし、浄水器は水を清潔に保つために欠かせない塩素を取り除いてしまうため、しばらく使わない時間があった場合には溜まっている水を流してから使う必要があり、使用量が少ないとデメリットにもなります。

こうした浄水器のデメリットを感じず、そのメリットを最大限に生かせる設置場所が、多くの水を使うお風呂です。普段の入浴では気にしないかもしれませんが、塩素は細胞内の酵素やたんぱく質の機能を止めてしまうため、肌トラブルや髪のパサつきを解消するためには、できることなら除去したい成分です。そのため、お風呂に浄水器を設置すれば、心地よいバスタイムを肌や髪のダメージを気にせず楽しむことができるようになります。

シャワーヘッドタイプの浄水器であれば水圧の強さも選べるので、シャワーの水圧に悩んでいる方は水質の浄化と合わせて問題を解消することができます。さらに台所では捨て水になる分も、お風呂の掃除に使えるので、無駄も少なくて済む点もメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *