お風呂に浄水器をつけるメリット

飲み水が自動販売機で売られるようになってしばらく経ちますが、日本人の多くが水について興味関心を高めています。

今や台所の蛇口に浄水器をつけるだけでなく、お風呂にも浄水器を設置する家庭が増えています。その理由は、水道水に消毒のために入っている残留塩素を除去するためでしょう。残留塩素は水道水の細菌繁殖を防ぐために必要なものではありますが、お風呂でつかえば肌や髪に悪影響があります。原因は残留塩素の酸化作用です。降りかかったものに影響を及ぼし、たとえばタンパク質でできている人間の髪のキューティクルを傷めます。

同じく皮膚のタンパク質も残留塩素によって酸化、そして分解されてしまうのです。そのため、お風呂に入ったために肌のバリア機能の低下や角質層の水分不足を引き起こし、ドライスキンになってしまったりと様々なトラブルを引き起こしてしまいます。浄水器をつければ残留塩素を除去できますので、肌や髪へ刺激が少ない優しいお湯になるわけです。

お風呂に浄水器をつける大きなメリットは、爽快感を得られることです。カルキ臭を抑え、臭いがない天然水でシャワーを浴びているかのような爽やかさを経験できます。カルキ臭は水道水の匂いとして有名ですが、元水のアンモニアやその他の有機物と残留塩素が反応して発生します。浄水器をお風呂につけることで、臭いのない爽やかできれいなお湯にじっくりと浸かり、一日の疲れをいやすことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *