浄水器を使うとお風呂がもっと快適になる

浄水器というと飲み水をきれいにする目的で使用する人が多いのですが、生活の中で水を使う場面は他にも多くあります。

特に肌と水が接するお風呂では、水道水に含まれる塩素が皮膚のタンパク質を酸化させると言われていて、さらにお風呂の温度として平均的な40度前後は残留塩素が反応しやすい温度でもあります。安全に水を使うのに必要な塩素ですが人体への影響も無視できないので、不安がある人はお風呂にも浄水器を設置するのがおすすめです。特に肌が弱い人の場合、浄水を使うことで肌の状態が改善したという報告もあるため、肌荒れに悩んでいる人は水を見直してみるのも有効でしょう。

また、残留塩素は髪も傷めるため、髪のゴワつきに悩んでいる人も改善に期待ができます。肌や髪に問題を感じていない人でも、浄水を使用したお風呂は快適さが上がるという魅力があります。カルキ臭のするお湯につかりシャワーを浴びるよりも臭いの無い水のほうが使っていて爽快ですし、ピリピリ感のないやわらかく肌触りのいい浄水のお湯はまるで温泉のような気分を味わえます。

なお、良いことばかりにも見える浄水器ですが、注意点も存在します。浄水は塩素が除去されているため、雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあり、お風呂で浄水を使うようになった場合には少し掃除や手入れが多くなる可能性があります。とはいえ、快適に入浴できて髪や肌へのダメージを少なくできるのはとても大きな魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *