風呂を含めたオール浄水器設置のメリット

浄水器と聞くと、台所に設置し飲み水を確保するために使うものというイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

実際にその用途で利用している人も多いことでしょう。でも、水は飲むだけでなくお風呂やトイレなど自宅のさまざまな場所で日々使っています。そしてそんな水道水には塩素やカビ、雑菌などが含まれています。そのため、それをそのまま口にすれば摂取した人の細胞や血液にダイレクトにその成分が反映されることになる点には注意が必要です。その影響を懸念して、浄水器を使っているという人は多いことでしょう。

しかし、それら水道水に含まられる健康に悪影響を与える成分は皮膚からも吸収される点には注意が必要です。その量は微量ではありますが、決してゼロではありません。また、その水道水に含まれる塩素は温めることで塩素ガスを発生する場合があることが知られています。つまり、お風呂に入るときお湯を使用していることを踏まえると、その影響を懸念するのは当然のことと言えます。さらに、塩素に関しては人の肌や髪の毛にダメージを与える成分のひとつです。

これは、塩素には強い酸化作用があることに由来します。これにより、お風呂の水を通して髪や肌にダメージが与えられている場合がある点にも注意が必要です。そのような水道水に含まれる成分やそこから発生する塩素ガスなどが吸収されることがたとえ微量であっても気になる人は、家を丸ごと浄水することができる浄水器を導入するのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *