敏感肌ならお風呂に浄水器を

敏感肌の人は、顔が荒れやすいだけではありません。

全身の皮膚が荒れやすいために、夏や冬になるとあちこちが乾燥して痒くなったりすることもあります。人それぞれ肌質が違いますから、人一倍、敏感肌の人は肌のお手入れに気を配る必要があります。ボディケアの内容をよく考えてみてください。お風呂に浄水器を設置しておくと肌の調子が良くなるかもしれません。ボディローションなども良いですが、水道水を沸かしただけのお湯を使うと、肌には刺激となってしまう人もいます。

安全性が高いとは言え、カルキを使っていますし、敏感肌の人には肌荒れの原因となるかもしれません。水道水をそのまま使わないことを考えてみてください。飲み水だけにこだわる人もいますが、体を洗う時にどんなお湯を使うのかも考えた方が良いです。知らず知らずの間に、皮膚が刺激を受け続けることで、だんだんと肌の調子が悪くなるかもしれません。

洗顔の時に使うぬるま湯にも拘りましょう。お風呂に使える浄水器がありますので、それを使って体や顔を洗うようにしてください。使ってみると、肌の調子がきっと良くなるはずです。もちろん、個人差がありますし、季節によっても効果を感じにくいことがあるかもしれません。敏感肌の人はもちろんですが、赤ちゃんがいる家庭でもお風呂専用の浄水器を使ってみませんか。赤ちゃんはとてもデリケートなので、飲み水もそうですがお風呂のお湯も刺激を極力少なくした方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *